老犬とポラロイド

いつまでも続いてほしい、でも決して長くはない、老いゆく愛犬との大切な日々。

<56>散歩の秋、秋刀魚の秋

 秋になって散歩がしやすくなった。夏より長い距離をゆっくりゆっくり歩く。マインと一緒だと日々、風が変わっていくのがよくわかる。

 神社や公園など、できるだけ土や草のあるところに向かう。街中のマンション暮らしでは、意識的にそういう場所に行かないと、散歩に出てもアスファルトの道を歩くだけで終わってしまう。

 いろいろな匂いがするのは脳の刺激になると思っている。ちょっとした石の段差やゴツゴツした木の根の上を乗り越えさせてみる。老犬(ただしダックスにかぎる?)にとってはいいアジリティ。それに、丸みを帯びたやさしい老木の根のゴツゴツは肉球マッサージになる(ような気がする)。

f:id:bassotto:20181017103029j:plain

アジリティしてるの!

 

 実際、土のあるところを歩かせた後は気分が盛り上がるのかよく走る。でも、その効果があらわれるまでにはまた時間がかかったりする。土の上にいる間は超スローペースなので「大丈夫かな」とか心配してしまうけれど、そこで抱っこしてしまったら、マインが走りたくなる気持ちの芽を摘んでしまうことになるのかもしれない。何かとちょっと「ややこしい」マインはなかなかにして面白い。

f:id:bassotto:20181017103049j:plain

ひゃっほー! 

 

 秋のマインのもうひとつの楽しみはサンマ。普段からマインは魚も好きで、朝ごはんか夕ごはんのどちらかは魚。通年で使うのはビンチョウマグロあたりが多いのだけれど、秋はサンマの出番ががぜん増える。私は魚焼き器を持っていないので、フライパンで焼く。最近、遅まきながらフライパン用ホイルというものの存在を知って重宝している。(これってつまり、実質的に毎回新しいテフロンのフライパンになるってこと?)

f:id:bassotto:20181017103042j:plain

フライパン用ホイルのおかげで、捨てるつもりだったフライパンが復活 (^^;;

 

 サンマは一尾買ってきて、四つに切って焼く。マインには尻尾の4分の1。ほぐして基本のペーストごはんにトッピング。「はいどうぞ」と出した後の食いつきがいい。

f:id:bassotto:20181017103059j:plain

サンマのせごはん、だいすきー!(もっとモリモリにしてくれないかなー)


 まちゃん、今年はサンマが安くてうれしいね!今日も買ってこようかな。さっき、スーパーのチラシ見たら、1尾128円だったしさ。2日続いてもいいよね!

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。
ランキング参加しています。下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ